SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Will-o'-the-Wisp ブログ

主宰オオノのお芝居関連日記
言い訳と名言
0

    ふと気が付くと、今まで元旦に発表していた「見た映画」を「封切映画」としていたのですね。

    今更ですが、間違いでした。毎年、ラピュタ阿佐ヶ谷や神保町シアターなどで上映される古い映画も数に入れていたので、すべてが「封切」ではありませんでした。訂正し、お詫び申し上げます。

    ちなみに、古い映画を見るのはだいたい毎年10本程度だったのですが、昨年は30本近く見ているので、これが見た映画の数を増やした要因の1つではあります。

    もう1つは「未体験ゾーンの映画祭」や「シッチェス映画祭」などのジャンル映画のお祭りをたくさん見たこと。それでも、シネマカリテの「カリコレ」は1本も見なかったのですが…。

    さすがに未踏の300本を軽く超えてしまったのには反省。今年はおととし並みにもどしたいところです。

     

    という舌の根も乾かぬうちに、既に今日現在で9本見ているので、上記の誓いも怪しいものです…。

     

    さて、今日見たうちの1本は『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』。

     

     

    ナチ戦犯逮捕に全身全霊を傾けたフリッツ・バウアー検事の物語。ナチの生き残りが政府、警察、検察、情報部の要職に就いているという状況で、まさに四面楚歌のなか信念を貫いた人です。彼の活躍がなければ、一昨年の19位に入れた『顔のないヒトラーたち』で描かれたアウシュヴィッツ裁判で、ドイツ国民が自らの過去に向き合うこともなかったことでしょう。

     

    バウアーは、若者たちとの討論を行うTV番組で「ドイツ人の誇りとは?」と問われ、以下のように答えます。

    「森や山を誇ることはできない。自分たちがつくったものではないから。シレーやゲーテ、アインシュタインを誇ることもできない。彼らの業績は彼らのものだから。われわれが誇れるのは、われわれが行う善行だ」

     

    2014年に上演した『小人と七人の白雪姫』のなかで私は、コンプレックスの固まりな大日本帝国軍人に対し修羅場を潜り抜けてきた中国の暗殺者に以下のように言わせました。

    「大日本帝国が強くて偉大だ? 仮にそうだとしても、お前自身は強くもなければ偉大でもない!」

     

    「がんばれ、日本」やら「日本人すごい」やらで、何もない自分を国に同化させるしか救う方法がない風潮を揶揄して書いたセリフですが、70年近く前に同じような感覚で鋭く指摘した人がいたのだと思うと、何やらホッとすると同時に、絶望的な気持ちにもなりました…。

     

    | 映画 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
    ほな、行くで! 難波48
    0
      何を隠そう、NMB48のファンであります。
      ただ、ライヴや握手会に行ったりせずに、You Tubeで関西のテレビやラジオ番組を見たり聞いたりしているだけの、邪道なファンではあります。とゆーのも、私がNMBに求めるものは、やはり「笑い」なところだからです。
      関西の風土として、美人や可愛い子もバカやってなんぼなので、吉本(正確にはKYORAKU YOSHIMOTO)所属の彼女らが笑いをとるところが好きなのですね。まぁ、ライヴでもたぶん、がんがん笑い取りに行ってるとは思うのですが。

      さてそんな私ですが、NMBのドキュメンタリーがあるとゆーなら行かねばと、新宿の映画館にやってきました。



      月イチ程度は利用している空港バスの南海難波乗降所あたりから南海を見た路上に立つ凛々しい山本彩のモノクロポスターがかっこいいですね。

      他のAKBグループのドキュメンタリーを見たことがないので、他との違いはわからないのですが、かなりNMBらしさあふれる出来になっているのではないかと思います。「NMBらしさ」、それは「ぶっちゃけ」。ラジオでは特に顕著ですが、デビュー時からがんがん下ネタ(エロネタ)をぶちまけてきただけあって、いろんな意味で踏み込みにくいところに踏み込んでるなと感じました。

      握手会で誰も並ばないメンバーのいたたまれなさ。卒業してグラビアアイドルをめざすとゆーメンバーの「可愛くするのは無理」発言。総選挙速報でNMBからほとんどランキングされないときの空気の重さとリーダーさや姉の取り乱しぶり。昔ならアイドルの映像としては現れなかったところだと思います。さすが、『フタバから遠く離れて』などのハードドキュメントを撮ってきた舩橋淳監督だけあるとも感じたところです。
      そして、何よりも覚悟を感じたのは、一期生でありながら一度もシングル選抜に選ばれたことがないメンバーの描き方。一所懸命だし、後輩の指導を任されるくらいのダンススキルもあり、劇場公演では他グループの欠席を埋めるくらいの高い能力をもつ彼女。握手会にやってくるファンもなぜ彼女が選抜されないのかわからないくらいです。が、その理由がはっきりと支配人との会話から読み取れるように撮られているのです。「あれが解決するなら、次の選抜に入れる」とまで言う支配人。「大丈夫」という彼女に「信用してるからな」を繰り返す支配人。これを映したことで、彼女も支配人も背水の陣を敷いたということなのでしょう。アイドルであることのシビアさが感じられる、私にとってのこの作品の白眉でした。

      邪道のファンにも楽しめる、とてもいい出来のドキュメントだったと思います。

      ちなみに、パンフレットでもメンバーのぶっちゃけは続き、さや姉と金子支配人との対談では、支配人がさや姉の着替えてるところに入ってきた話が、須藤凛々花は、アダルト動画を見ていた時イヤホンがはずれていて後輩にばれた話が、AKBに完全移籍した小笠原芙由は今のNMBを「良くも悪くもさや姉のグループ」と言い切るのが、ぶっちゃけられてます。
      恐るべしNMB48…。
       
      | 映画 | 23:24 | comments(0) | - | - | - |
      沖縄は再び戦場になった
      0
        公演で行けなかったのですが、去る17日には、沖縄で3万5千人が集まり、辺野古基地建設反対を訴え、24日には国会議事堂を1万5千人が囲んで、辺野古基地移転阻止を叫びました。
        緊迫を増す沖縄の状況を少しでも知ってもらいたいと、公開が2ヶ月も早まった映画があります。それが、『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』。です。高江の危機を訴えた『標的の村』の監督、三上智恵の渾身の作品です。



        辺野古の海で悪辣な日本が沖縄をこれでもかと苛む様子をスクリーンで見てもらえる機会です。わずかですが、私も出資しているので、一人でも多くの日本人に自分たちがしていることを自覚してもらいたいと思い、宣伝しています。
        本来は7月公開の予定でしたが、その現実を少しでも早く知らせるべく、東京では急遽23日から上映。それも16時15分から1回という厳しい条件だったものの、連日超満員となり、早くも21時のレイトショーが追加されています。

        実は私自身、まだ見ていないのですが、ぜひとも劇場に足を運んでいただけるよう、願っています。

        5/16 劇団J.A.M!『慚愧伝』@シアターモリエール
        5/26 KAKUTA『ひとよ』@ザ・スズナリ
        5/27 クロムモリブデン『七人のふたり』@赤坂RED THEATER
         
        | 映画 | 01:05 | comments(0) | - | - | - |
        素晴らしきヨーロッパ映画の世界
        0


          映画好きなら、本物はともかく、トリュフォー自身も愛した『大人判ってくれない』に代表されるような、野口久光さんの絵のポスターをどこかで見たことがあるはずです。かくゆう私も、リアルタイムで見たものは少ないですが、映画雑誌などで見た記憶が鮮明にあります。

          戦前から東和映画(現東宝東和)でヨーロッパ映画のポスターを描いてきた野口久光さんの回顧展(?)を、京都文化博物館で見てきました。初期の戦前の作品は、ポスターはもちろん映画自体初めて見るものが多く、絵を通してその映画に興味がもてるような展示がされていました。その柔らかな絵と、独特の書き文字グラフィックは、初見にも関わらず「懐かしさ」を感じさせるものでした。

          ポスターだけでなく、キネマ旬報の表紙や映画のパンフレット、連作となるはずだったスタアの肖像画なども展示され、見る者に、映画自体がスタアだった時代を思い起こさせてくれます。さらに、ジャズに造詣が深かったことから、ミュージシャンの肖像はもちろん、来日時のプライベートな写真もあり、「教養人」としての姿をも感じさせてくれるつくりになっていました。

          けっこうな時間見ていたのですが、それでもまだ見続けていたいと思わせる素敵な時間と空間でした。

          で、足が棒になったので、烏丸通りから錦小路に入る角にある鼓月にて、最近お気に入りの「ほっこりぜんざい」をいただきました。



          ほかほかの煮小豆とさつまいもに白玉とアイスクリーム。アイスが溶けて小豆やおいもにからんでくるのが、たまらなくおいしい逸品。鼓月にしかないので、甘いものが好きな方はぜひ味わってみてください。

          11/22 劇団衛星『超贋作 オイディプス王〜冒涜版』『超贋作 サロメ 冒涜版』@KAIKA
          11/24 徳島県立富岡東高等学校演劇部『GIRLS』、徳島市立高等学校演劇部『Red Data Canvas』、徳島県立城北高等学校演劇部『そこは、めっきり嘘めいて』、徳島県立富岡東高等学校羽ノ浦校『ロープ』@あわぎんホール大ホール
          11/29 劇団そとばこまち『3〜世にも奇妙な欲の物語〜』@十三Black Boxx
          12/3 青山円形劇場プロデュース『夕空はれて‐よくかきくうきゃく‐』@青山円形劇場
          12/4 笑の内閣『超天晴! 福島旅行 福島第一原発舞台化計画 黎明編』@こまばアゴラ劇場
          | 映画 | 23:23 | comments(0) | - | - | - |
          シッチェスTシャツをGET!
          0
            今年もやってきました、‘“シッチェス映画祭”ファンタスティックセレクション。
            今回は6本すべて見たのでTシャツをGETです。



            もうTシャツはタンスにいっぱいなのに…。

            で、今年のラインナップはこんなのでした!
            『パトリック 戦慄病棟』 寝たきり青年パトリックは、生体実験の結果念動力を手に入れ、自分に優しくしてくれた看護師の周辺の人々をバッタバッタと皆殺し。私は見ていないのですが、1978年のリチャード・フランクリン監督作のリメイク。
            『ゾンビリミット』 ゾンビになる感染症が広まったが発症を抑える薬のおかげで、パンデミックになっていない世界。が、発症抑制薬の品切れが近づき、大パニック。薬を求めて友を裏切る人、発症前でも感染者を殺そうとする人、発症者であっても愛そうとする人が入り乱れる様は、明らかにエイズパニック時代を彷彿とさせる描写だった。これは傑作。
            『キョンシー』 愉快なキョンシーはもういない。ラム・チェンインは亡くなっているので無理だったが、『霊幻道士』に関わった役者さん満載で、だけど完全ホラーテイストで描く新たなキョンシーの物語。あのリチャード・ンはおじいちゃんになってもリチャード・ンだった!
            『トランストリップ』 チリのいとこを訪ねてやってきた娘が、不本意ながらチリ人たちと湖畔のコテージへ。そこには若者たちを狙うシリアルキラーが…いなかった! 英語もあまり通じず年中スマホいじっているうちに精神的に不安定になる主人公。よせばいいのに、催眠術治療(?)を受けたら、さぁ大変! という、どよーんとした作品でした。
            『ボーグマン』 穴蔵に住んでいた汚い男が、豪邸にやってきて「風呂を貸してくれ」とか言うんで追い返したら、妻が妙に男に同情的になってこっそり、あずま屋に泊めてやる。夫婦関係がぎくしゃくし始めた頃、こざっぱりした男は庭師になりすまして定住。仲間もじわじわ増えて…。どことなくミヒャエル・ハネケっぽいどんよりホラー。
            『モーガン・ブラザーズ』 動物の死骸を配合した有機飼料で大人気のモーガン・ブラザーズ。知恵の足りない弟が交通事故死体を拾って運ぶ途中で、美人、イケメン、うるさい奴の3人をも拾ったことから、お兄ちゃんにこっぴどく叱られる。キチガイ田舎ものながら、もう一つはじけない作品。

            今回は『ゾンビリミット』を除くと今イチ。なぜか全体的にどよーんとしていたのが、印象的だった。
            ま、おもしろいのが1/6ならまずますかな。また来年に期待しましょう。

            10/19 スイス銀行『昨日、未来に行きまして。』@十三Black Boxx
                清流劇場『IPHIGENIE』@in→dependent theater 2nd
            10/22 『謝肉祭』@吉祥寺Star Pine's Cafe
            10/23 Musical Guild q,『THE SECRET GARDENー嘘の中にある真実ー』@中野区立野方区民センターWIZホール
            10/25 劇団しゃけ温泉『Share Shake!』@北池袋新生館シアター
            10/26 iaku『流れんな』@三鷹市芸術文化センター 星のホール
            | 映画 | 23:44 | comments(0) | - | - | - |
            さーて、今年のカナザワ映画祭は?
            0


              3年ぶりのカナザワ映画祭。今年のテーマは『爆音上映』!
              『爆音上映』とは、今は亡き吉祥寺バウスシアターが始めたもので、通常の映画仕様ではなく、ライヴ仕様にPAをセッティングして、普段は感じられない音圧と重低音を中心にした音響を楽しむもの。
              私は結局バウスには行かなかったので、今回が初体験です。
              『爆音上映』がテーマなだけに、劇場も1つで、未公開作もなく(ロングバージョンなどはあり)、いつものカナザワとは違った感じ。

              私が見たのは『恐怖の報酬(フリードキン版)』『ブラックホーク・ダウン』『マッド・マックス2』の3本。順番に77年、01年、81年公開で、どれも封切で見ています。が、さすが爆音にふさわしい作品が選ばれているだけあって、過去の記憶と照らし合わせても、もはや別物。とゆーより、こちらが本物!
              油田の爆発やトラックのきしみを感じ、戦場のすべての音に体を打たれ、そして爆走と爆発しかないクライマックスに酔いしれる3作でした。
              その重低音の響きは、かの「センサラウンド方式」をも思い出させるもので、映画館で映画を見ることの楽しさを再認識させてくれました。

              それにしても、『マッド・マックス2』の面白さは、公開から33年も経っているのにまったく色あせていませんでした。
              逆に来年公開のリブート版『マッド・マックス 怒りのサンダーロード』が心配になってしまいました…。
               
              | 映画 | 23:18 | comments(0) | - | - | - |
              サラ・ポーリーは信頼できる。
              0
                監督デビュー作『アウェイ・フロム・ハー』が2008年の5位。2作目『テイク・ディス・ワルツ』が2012年7位。寡作ながら、サラ・ポーリーの監督作は、常に私を驚かせ喜ばせてくれました。
                そして、今年またトップ10に入ること間違いなしの監督作第3弾が公開されました。



                前2作と違い、これはドキュメンタリーです。
                癌で早逝した監督の母ダイアンは、自由奔放な女優。そこに出生の秘密を感じ取ったサラは、
                父、兄、姉、異父兄姉、両親の友達などにインタビューし、母の輪郭を固めていきます。
                そして辿り着いた結論は…。

                前2作でも見せた、冷徹に人間を見つめながら、そこには必ず愛情があるサラ・ポーリーらしい作品に仕上がっている本作。
                ただのドキュメンタリーだと思ってみていた観客に背負い投げをくらわす傑作です。
                女優としても魅力的な彼女の次回監督作が待ち遠しくてたまりません。

                9/5 野外劇団楽市楽座『虹をわたって』@扇町公園特設ステージ
                9/7 劇団いまそかり『ほだす』@シアター711
                 
                | 映画 | 21:34 | comments(0) | - | - | - |
                愛情と欲情のせめぎ合い
                0
                  『彼女がいるカフェ』で描いたように私は、愛情と欲情は、重なる部分はあっても別物だと思っています。どちらが上とか、大事とかはない。だから欲情のない愛情もあれば、愛情のない欲情もあることに疑問はありません。けれども人は、愛情ばかりを大事にし、欲情に愛情を伴わなければならないと必死に言い訳します。それによって自分の首を絞めているのも気づかずに。

                  とゆーことを、『アデル、ブルーは熱い色』を見ながら思い返しました。



                  昨年のカンヌで、作品だけでなく主演女優二人を合わせてグランプリ受賞という仰天の評価を受けた作品です。

                  一目見て青い髪のエマに恋してしまったアデル。好きになってくれた男の子とファックしても、体はともかく心は満たされない。やがてエマに再度出会ったアデルの恋は燃え上がり、身も心も熱くなっていく。けれども…。
                  アデルは、欲情に非常に忠実です。まさに肉弾戦といえる、長く濃厚な二人のファックシーンでそれが描かれます。が、欲情に忠実なことで愛情を傷つけるのはよくあること。アデルは窮地に陥ります。

                  物語で言えば、たまたまセクシュアル・マイノリティが主役ではありますが、ここで描かれる愛情と欲情のせめぎ合いは、ホモ、ヘテロ関係なくありうる話です。さらに、ここでは恋愛の社会(文化)格差による影響も見事に描かれていますが、これもまたセクシュアリティに関係なく起こることです。

                  この作品を見て、皆さんも自身の愛情と欲情と文化階層について、振り返ってみてはいかがでしょうか?

                  3/16 吉本新喜劇 佐藤太一郎企画『ヒトダマ』@5upよしもと
                  3/22 劇団ドラマチッカーズ『さよなら おおかみ少女』@Broader House
                  3/23 リジッター企画『まぼろし』@SPACE雑遊
                     劇団天動虫『DOLL 後ろむきな人生の前むきな歩き方』@アトリエ第7秘密基地
                  3/29 劇団回転磁石『人皮の本と舞い天狗』@シアターシャイン
                     劇団オンガクヤマ『シメったねどこ』@SPACE雑遊
                  3/30 THE GO AND MO'S『直樹の四』@ウィングフィールド
                     劇団925『裏の裏の裏は裏』@in←dependent theatea 1st
                  4/3 劇団Ya-taro『フェイク』@参宮橋トランスミッション
                  4/4 REGENBOGEN『ボクラの幕末維新』@ザムザ阿佐ヶ谷
                  4/5 兵庫県立ピッコロ劇団『車窓から、世界の』@ピッコロシアター中ホール
                  4/6 ファック・ジャパン独り舞台『愛はないとぼくは思う』@KAIKA
                   
                  | 映画 | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
                  フィルムは生きている!
                  0
                    徳島の地元映画を見てきました。と言っても、『阿波ダンス』とか『眉山』みたいなまがい物ではなく、力強い作品『祖谷物語』です。



                    監督は、池田高校旋風を巻き起こした蔦監督の孫(やっぱり蔦監督!)。徳島でも最も山深い祖谷を舞台にした作品です。いまや三好市に合併されてしまったため、上のようなところなのに「市」になってしまいました…。

                    事故で親を失った子を育てた老人とその成長した娘が主人公。老人は舞踏家の田中泯。娘は『ヌイグルマーZ』の武闘派(笑)の武田梨奈。二人とも鍛え上げられた体を持っているので、自然に負けない“体幹のしっかりした”姿で演じています。

                    この作品、現在ほとんどがデジタル化した風潮に逆らい、なんと35ミリフィルムで撮られています。実は、自分でも驚いたのですが、ここまで絵の質感が違うことを目の当たりにして、フィルムの良さを忘れていたことに気づきました。なんとゆーか、かっちりしていない。特に緑や水がしっとりとした感じに見えるのです。01と違って1/fゆらぎがあるって感じでしょうか。
                    監督が祖谷を撮るのに、敢えて大変なフィルムを使ったことに感謝です。
                    フィルムはまだまだ健在だと改めて感じました。

                    お話は、前半の過酷さがみごとだった分、後半ファンタジーになっちゃうのがちょっと違和感でした…。

                    3/9 ミュージカルサークルEM『大福様の信ジ方』@シアター風姿花伝
                       劇団超ダッシ『CRIMERS』@新生館シアター
                    | 映画 | 20:38 | comments(0) | - | - | - |
                    IMAX 3Dでどうぞ
                    0
                      私は右目が弱視のため、遠近感が非常に薄く感じて生きています。球技では球の位置がまったくわからず、高速で走る乗り物では距離感がつかめません(だからペーパードライバー)。
                      もっとも、日常生活においては、それほどの不都合はないのですが、一番不満なのは3Dが楽しめないことです!
                      毎年何本か映画を3Dで見るのですが、たぶん普通の人の楽しめる立体感の百分の一も味わえていません。映画好きとしてはとても残念なことです。

                      ですが、そんな私でも年に1本くらいは3Dを味わえる作品に出会えます。今年は『ゼロ・グラビティ』がそうでした。



                      スペースシャトルで船外作業中のミッション・スペシャリストと船長がスペース・デブリ(雨中のゴミ)嵐に巻き込まれ、宇宙に放り出され、いかに生還するかという単純な物語ですが、主人公と一緒にリアルに宇宙に放り出された感覚が3Dで味わえます。
                      映画は本来見世物ですが、この作品は3Dによる本物の見世物と言えるでしょう。テレビで見ても意味がありません。ましてやスマホで見るなんて愚の骨頂です。さぁ、すぐに映画館へ。できればIMAX 3Dをお勧めします。

                      12/20 青山円形劇場プロデュース『ア・ラ・カルト2 final』@青山円形劇場
                      12/21 ウエスト・パーティー『田園の志士たち』@七生公会堂
                          笑の内閣『ツレがウヨになりまして』@こまばアゴラ劇場
                      12/22 劇団ZTON『王の血脈』@京都府立文化芸術会館
                          いきなり九雀の日@豊中市立伝統芸能館
                      12/27 イルカ団『R.I.P.! 〜Rest In Peace〜』@なかのZERO小ホール 
                      | 映画 | 23:23 | comments(0) | - | - | - |