SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Will-o'-the-Wisp ブログ

主宰オオノのお芝居関連日記
『無敵の半ズボン』完全終了。
0
    本日は『無敵の半ズボン』の精算会でした。
    大野の個人プロデュースであるWill-'o-the-Wispは、毎回集まっては解散の繰り返しです。再度出演していただける方はいるものの、毎回が一期一会。

    稽古中、レッスン中、撮影中の人たちを除いて、集まってくれたのはこの8人。



    集まるまでに紆余曲折ありましたが、最終的にはいい座組だったと思います。
    これにて、『無敵の半ズボン』は、完全終了です。

    忘れていて(!)解散前に顔だけ出しにきたジョンのために、また集まることにはなりそうですが(笑)。

    11/14 劇団宇宙キャンパス『メランコリーにさよならを』@シアター・サンモール
    11/15 劇団桟敷童子『紅小僧』@ザ・スズナリ
    11/16 燐光群『ここには映画館があった』@ザ・高円寺1
    | 芝居づくり | 23:49 | comments(0) | - | - | - |
    今のうちに芝居しとかなきゃ
    0
       第一次大戦後、落ちぶれたドイツ。国民は勇ましいナチを支持し、公正な選挙でヒトラーを指導者に選びました。
      おやおや、まるでどこかのおバカな国のようですね。
      ドイツがその後どうなったのかを考えれば、おバカな国がどうなるかすぐにわかるでしょう。

      とゆーわけで、
      もうすぐ勝手に芝居をすることなんてできない世の中になりそうなので(早くも、勝手に踊ることすらできなくなりつつあるし)、今のうちに芝居しておこうと決意しました。

      2013年、狐火を灯します。


      12/12 スイス銀行『スイス金鉱Vol.3』@十三シアターセブン
      12/13 ヨーロッパ企画『月とスイートスポット』@本多劇場
      12/15 クールキャッツ高杉のイッパイアンテナジャック『バードウォッチング ダイアリーズ』@スペースイサン


      | 芝居づくり | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
      驚異の再演決定!
      0
        昨年の私の観劇TOP5のうち、3本を占めた末満健一作品。毎回実力派の関西演劇人を揃えていることで、作品の品質を担保していたのが、それだけでなく、Half Year Theaterという限定劇団を継続することにより、若手役者も育成するようになり、
        さらには、かつてあった「やりたいこと詰め込みすぎて長すぎる」という欠点も克服し、今や関西エンテーティンメント演劇を代表とするまでになりました。

        そんな彼が率いるピースピットの今年最初の作品『MOTHER』が、さまざまな奇跡の積み重ねにより、3月の公演後、わずか1ヵ月半後の来週、オリジナルキャストもそのままに、追加公演を行なうことになりました。

        出演者は、コンスタントに出演を続けている人気者を中心に20人弱。会場は梅田のHEPホール。演劇に関わる人ならば、このような条件で追加公演が実現することが、ほぼ有り得ないことがおわかりでしょう。

        『MOTHER』は、そのタイトル通り、母の物語。ピースピットとしては、ある意味異質で「重厚」なテーマのものですが、そのテーマを語るのに、今までのピースピットの手法がまったくぶれていない、それどころか、効果的ですらあるという、非常に優れた作品です。

        今年を代表する演劇(事件)になること間違いなしのこの公演は、4/16-18の4ステージ。東京でしか芝居を見ていない人は、下らん作品何本も見るくらいならば、交通費を使ってでも大阪に行くことをお勧めします!


        4/6 SHINKANSEN RX『薔薇とサムライ』@赤坂ACT THEATER
        | 芝居づくり | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        土蜘蛛になる
        0
          本日は会社を休んで、土蜘蛛になってきました(笑)。

          やって来たのは、「初心者のための上方芸能ナイト」を開催している、
          谷町4丁目にある山本能楽堂。
          ここでは月に一度、「初心者のための気軽な能入門講座」として、
          「まっちゃまちサロン」というイベントを開いています。
          これは、その月にかかる能の演題(今月は『土蜘蛛』)をテーマにして、
          その内容の紹介や装束、面などの説明をしてくれるというもの。

          今回は、それに先立つ能そのものの話がおもしろく、
          「基本的に始まって5分くらい舞台上で何も起こらない演目の場合、
          寝てしまってもかまわない(!)。一口寝て起きたくらいでも、
          まだ舞台上ではたいしたことは起こっていないから」
          というのが目からウロコでした。
          「だいたい、舞台でうなっているのに寝られるというのは、
          気持ちがいい証拠なので、気にせず寝てください」
          という言葉に、以前一度だけ見て寝て以来、とっつきにくいと思っていた
          能が、急に身近に感じることができるようになりました。

          で、その後、舞台上で土蜘蛛の装束を着せてもらえるというので、
          手を上げて着せてもらいました。
          背はピンと伸びるものの、動きづらいし、面をつけるとほとんど見えない。
          これで舞うわけですから、やはり伝統芸能というものは、奥深い、
          と感じました。

          しかし、自分が着ると写真が撮れないんですよね…。とほほ…。


          7/2 南河内万歳一座『似世物小屋』@ザ・スズナリ
          7/3 ハグハグ共和国『マリオネット』@シアターグリーンBOX in BOX THEATER
          7/4 ジーモ・コーヨ『Good Manner?? Bad Manor!? 身分しだいで責めないで』@中野ザ・ポケット
          7/5 ベトナムからの笑い声『キャプテンジョー』@スペース・イサン
          | 芝居づくり | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          舞台が取り持つ縁
          0
            本日は、結婚式&披露宴に出席してきました。基本的にこの手の冠婚葬祭には出席しないことにしている私ですが、今回だけは特別。なんと言っても、Wispの舞台『瀧夜叉傳』での共演から結ばれた夫婦だからです。

            新郎の相川佳己は、今やWisp最多出演者。私のええ加減な指示を"翻訳"してくれるほどに、Wispのことを知り抜いた男です。
            新婦の高徳千穂は、まだ出演2回目ながら、その醸し出すほわほわした雰囲気でいつも場を和ませてくれる女です。

            『瀧夜叉傳』では、常に一緒にいる役どころでしたが、おととしの『大正デモ・クラ』では、ほとんどからまず。今年の『風の鎌鼬』でも、たぶんからまないでしょう。その分、プライベートで仲良くしていってほしいものです。

            写真は、出席したWisp役者陣と新郎新婦。末永くお幸せに!



            1/18 TAKE IT EASY!×末満健一『千年女優』@HEP HALL
            1/20 キューブ/プリーゼアーツ『冬の絵空』@世田谷パブリックシアター
            1/21 3LDKプロデュース『僕たちの町は一ヵ月後ダムに沈む』@せんがわ劇場
            1/22 ファントマ『ジョリー・ロジャー』@サンシャイン劇場
            1/25 ベトナムからの笑い声『タショウノハンデキャップハクレテヤル』@スペースイサン
            1/28 パルコプロデュース『リチャード3世』@赤坂ACTシアター
            | 芝居づくり | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            新年会&打ち入り
            0
              本日は、Will-o'-the-Wispの新年会。とは言え、Wispは公演毎に集まって解散するユニットなので、劇団のようにみんなが集まるというわけではありません。次回公演の出演者の顔合わせも兼ねての飲み会なのです。

              4月の『風の鎌鼬』には、『大正デモ・クラ』出演陣が10人も続けて出てくれることになりました。そして今回初参加の人が3人と4年ぶり2度目の参加が1人。

              今日は全員そろったわけではありませんが、来月の稽古開始に向けて怪気炎を上げているところです!
              さぁ、脚本を書かなきゃですわ!!


              1/10 初心者のための上方芸能ナイト@山本能楽堂
              1/11 グワイニャオン『番外 池田屋・裏』@東京芸術劇場小ホール1



              | 芝居づくり | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              企む男
              0

                不敵な面構えのこの男、来年でかいことを企んでおります!

                とゆーわけで、元ファントマの熱血俳優、浅野彰一さんと師走のお初天神通りで飲んできました。
                退団してから、しばらくなりを潜めていたと思ったら、おもしろいこと考えてるみたいで、私もずいぶん刺激を受けました。情報公開はウェブサイトで始まっているようですが、今から楽しみです!

                12/29 石原正一ショー『マドモアゼル・ブルース&ブラジル66』@梅田HEPホール
                12/30 青山円形劇場プロデュース『ア・ラ・カルト 役者と音楽家のいるレストラン』@大阪ビジネスパーク円形ホール


                | 芝居づくり | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「いつか」は実現させるためにある
                0
                  公演終了後の復活日記の内容としてはどうかと思ったのですが、
                  やはり書き残しておきたいと思い、PCに向かっている大野です。
                  長文になりますが、お付き合いください。


                  先週の月曜日、ある役者さんが還らぬ人となり、
                  今日告別式に列席して来ました。

                  初めて見たとき、彼女はまだ高校生でした。
                  その後、着実にキャリアを積み、笑わせ泣かせしてくれる
                  とても魅力的な女優に育っていきました。
                  この秋には新しい劇団でまたステップアップした演技を見せ、
                  本当にこれからが楽しみだというときに、逝ってしまったのです。

                  新劇団の旗揚げ公演の初日打ち上げで、
                  本当に初めてというくらいゆっくり話しました。
                  とてもいい芝居をした彼女に自然に私は、
                  「いつか出てもらえるくらいの公演を私もやりたいなぁ」と言いました。
                  彼女はいつものように、大げさに照れながら
                  「えええ、ほんまですかぁ?
                   でも、いつか出してもらえたら嬉しいですぅ」
                  と応えてくれました。
                  でも、
                  それももうかなわなくなってしまいました…。


                  私が芝居をやろうとしたきっかけの1つに、
                  医師なのに劇団を持っていて、ロシアでチェーホフなどやってしまう
                  凄い人との出会いがありました。
                  いいお年であったその先生と芝居の話をしている時にこう言われたのです。
                  「お芝居好きなら、やってみたら? それで、いつかぼくも出してよ」
                  その先生が亡くなったのは、そんな会話をして間もない頃でした。

                  私は「いつかはいつかで終わらせちゃだめだ。
                  そのいつかが来るとは限らないのだから」
                  と思い、WISPを始めたのです。

                  なのにまた、「いつか」を実現させることができなくなってしまいました。
                  本当に悔しいです。本当に悔しいです。

                  でも、私にはまだたくさんの「いつか」が残っています。
                  それを1つでも多く実現させていくことこそが、
                  今生きている私の、私たちのやるべきことだと思っています。

                  時々疲れて立ち止まることはあるかも知れません。
                  でも、それでもやっぱり歩き続け、あらがい続けて行こうと思います。


                  告別式の始まるまでは冷たい雨が降り、
                  式が始まってからはあがったものの曇っていました。
                  けれども、霊柩車に棺が載せられ、今まさに出棺しようとしたとき、
                  明るい日差しが差し込み始めました。
                  彼女がちょっと首をすくめて照れながら見せる可愛い笑顔。
                  その笑顔が日差しの中に見えたような気がしました。





                  | 芝居づくり | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  劇団空晴旗揚げ( 宣伝)(^_^;)
                  0

                    私が芝居作りを始めるきっかけの1つだったランニングシアター・ダッシュが解散して1年と9か月が過ぎようとしています。
                    その中心メンバーだった上瀧昇一郎と岡部尚子が立ち上げた劇団空晴が来月旗揚げ公演を行ないます。
                    私は稽古なんでお手伝いできませんが、ほっこりした会話劇を堪能したい方はぜひ見に行ってみてください。

                    東京は10/12-15@下北沢OFF OFFシアター、大阪は10/19-21@ウイングフィールド。
                    詳しくはウェブサイトでどうぞ。http://www.karappare.com/


                    9/22 売込隊ビーム『コクジンのブラウス』@HEP HALL

                    | 芝居づくり | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    久々、公演手伝い
                    0

                      売込隊ビーム公演『マーチ!』のお手伝いに来ています。
                      もともとランニングシアター・ダッシュの制作手伝いから芝居に携わるようになった私ですから、お客様の誘導や場内整理は嫌いではありません。いや、むしろ大好き。
                      もっともそのせいで、芝居を見に行っても、お話よりもまず、受付の対応や場内アナウンスが気になったりするんですが…。

                      さまざまな短編芝居含めて、大阪での1ヶ月のロングランを終えてやってきたビームの表題作は、いつものように個性豊かな役者さんをたっぷり楽しめる作品になっていますよ。日曜日までです。
                      写真は座長の山田かつろうさんと太田清伸さん。あ、せっかくなんだから、きれいな女優陣の写真にすればよかった(笑)。


                      4/5 ボタタナエラー『アフター・ザンギリヘッド』@下北沢「劇」小劇場
                      4/7 売込隊ビーム『マーチ!』@シアターモリエール


                      | 芝居づくり | 00:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |