SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Will-o'-the-Wisp ブログ

主宰オオノのお芝居関連日記
<< アフリカについて考える | main | アメリアはここにいる >>
街頭紙芝居の驚異
0
    約1ヶ月ぶりにやって来た「大阪あそ歩」。今日は西成は萩ノ之茶屋駅から花園町を歩くコース。案内は前回と同様、中村屋さん夫婦。
    透明の蜜に青海苔がかけられた独特のみたらし団子で知られる福屋、戦前より営業でせんべいやらの焼き菓子が激安の辻田菓子店、たこ焼の一富久など、ほとんど買い食いの様相を呈しながらやってきたのが、塩崎おとぎ紙芝居博物館。

    全国で唯一残る街頭紙芝居師団体「三邑会」代表の塩崎源一郎さんのご自宅。源一郎さんは亡くなりましたが、ここにはすべて手書きの紙芝居が30万枚保存され、今も使われ続けています。
    ここに見えるのは、そのほんの一部。
    紙芝居そのものは、今も公民館や図書館、幼稚園や学校などでも行なわれていますが、ここの紙芝居は、今も実際に街頭で披露されているものばかり。売ったりあげたりする水あめやカタヌキもここで仕入れることができるのです。

    室内ではありますが、初の街頭紙芝居体験。軽妙な語り口での紙芝居は、大人であっても十分に楽しめるものでした。
    殊に、なかなかやらないホラー(?)紙芝居『蝋人形』の恐怖ときたらない。これは、夕暮れに子どもが見たら、きっとトラウマになりそうだ、と感じました。けど、子どもの頃の怪談体験って、きっと人生を豊かにしてくれるはずなので、ぜひぜひ、色んな人に見てもらいたいと思います。
    ちなみに、『蝋人形』は、52枚もあって、5,6枚で「若奥様、京子の運命やいかに!?」と続くのを3回まで見せてもらいましたが、続きがめっさ気になっています!!


    11/26 Air studioプロデュース『時計〜僕がいる理由〜』@AQUA studio


    | 雑多 | 22:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    おお!今頃になって発見!
    当日、ガイドを務めさせて頂いた、中村屋じょー衛門です。ご参加ありがとうございました。

    そうですね、もう買い食い状態でしたが、お店(地元の人々)との交流は、これまた「まちあるきの醍醐味」だと思いますので、これからもこの方向で継続して参ります。

    また、お会いできる日を楽しみにしております。

    感謝多謝 m(_ _)m
    | 中村屋じょー衛門 | 2011/01/10 1:45 AM |

    中村屋じょー衛門さま

    コメントありがとうございました。その節はお世話になりました。
    春からのシーズン、楽しみにしています。
    また、LIVEも行けたら行きたいです。
    おトミさんにもよろしくお伝えください。
    | オオノ | 2011/01/11 11:35 PM |










    http://wisp.will-o-the-wisp.info/trackback/953165