SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Will-o'-the-Wisp ブログ

主宰オオノのお芝居関連日記
<< 2年に一度のオモシロ学研都市 | main | 手練れの技に酔う >>
男山ノボレ!
0
    VOGAの公演を見に、京都は石清水八幡宮に行ってきました。
    「元維新派」となって早くも20年の草壁カゲロヲと近藤和見のユニットは、その出自のように、いろいろな場で公演を打ってきました。今回は、過去にも公演した(らしい。私は見ていません)神社に隣接する特設会場での公演です。

    京阪八幡市駅から、同じく京阪が運営するケーブルカーで男山を登ります。



    ケーブルカーに乗るなんて、いつ以来でしょう(なんちゃってケーブルカーは去年の正月に浅草で乗ってるんですが…)。およそ8分程度で頂上駅に到着。この日の京都は夏日でしたが、さすがに山の上は、緑も多く、少しだけ涼しく感じました。



    本殿にお参りした後は、石灯篭の並ぶ参道を会場に向かいます。



    風が吹くたびに、木の芽(?)が降ってくる、森の中にあるステージ。野外劇と言えば、の出店も3件だけですが、ちゃんとありました。



    開演までお客さんを楽しませる、クラウンのショウもあり。アシスタントに任命されたすみれちゃんの活躍で、とても盛り上がりました。



    舞台で繰り広げられたのは、名前のない少年が自分を発見する旅と、「正しく妻を愛せているだろうか」と自分に問う“父”の旅が交錯し、娘たちのステップと白い少女が、緑のなかの幻想にお客さんを誘う物語。

    今まで見た中でもっとも維新派のジァンジァン・オペラに近い演出で、本家が今はほとんどやらない形式がここで見られるとは思いませんでした。

    森林浴をしながら幻想に導かれる。まさに野外劇の真骨頂のような作品でした。

    次回は冬ということで劇場公演ですが、また暖かくなったら、外に出てきてほしいものです。


    5/10 KAKUTA『アンコールの夜』「男を読む。」「女を読む。」@すみだパークスタジオ倉
    5/12 クロムモリブデン『翼とクチバシもください』@赤坂RED THEATER
    5/18 KAKUTA『アンコールの夜』「猫を読む。」@すみだパークスタジオ倉
    5/22 VOGA『Social walk』@石清水八幡宮野外特設舞台


     
    | 観劇 | 23:08 | comments(0) | - | - | - |