SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Will-o'-the-Wisp ブログ

主宰オオノのお芝居関連日記
<< 今年も函館! 1日目 | main | 今年も函館! 3日目 >>
今年も函館! 2日目
0

    はこだて国際民俗芸術祭2日目。

    去年おととしは、天候不順で、おととしなど寒かったくらいですが、今年は晴天続き。気温もうなぎ上り。函館で最高気温32度というのですから、たまりません。地元の人もげっそりです。

     

    で、基本的に芸術祭は夕方からなのですが、3年目ともなると、函館で観光するところもだんだんなくなります。

    まずは、青函連絡船の記念館になっている摩周丸へ。

     

     

    土曜日だというのに、お客さんは私以外は一ケタ(苦笑)。まぁ、船好き、機械好きな人か、青函連絡船にノスタルジーを感じる人しか来ないだろうし、来ても退屈でしょう。私は、実はどちらでもないのですが、操舵室でレーダーのぞいたり、舵輪握ったりして結構楽しめました。船室では「宇高連絡船」を思い出したりして。

    あ、私はどちらでもありましたね。

     

    まだ時間がありすぎるので、普段はやらない、「有名店に並んで入って食べる」というのもやってみました。塩ラーメンの有名店に30分並びました。安いしおいしかったし、忙しい中、店主は愛想よかったので不満はないのですが、やはり何か食べるのに30分並ぶのは、自分には意味がないなと感じました。

     

    さてさて、元町公園に向かいます。まだまだ炎天下のなか、アトラスステージの階段席に向かうと、イスラエルのダンサーたちがリハーサルの真っ最中。

     

     

    汗だくでのリハの終わり頃に、小さい女の子がかぶりつきで見ているのに気付いたメンバーの一人が彼女をステージ上げて、一緒に踊っていたのが微笑ましかったです。

     

    さて、公演がスタート。最初に現れたのはGONNA。

     

     

    名古屋で活躍する和太鼓とマリンバのバンド。私は2度ほどライヴに行ったことがあります。2年ほど行けてなかったのが、函館で得るとはラッキー。相変わらずエンタメ感あふれるステージングで、暑さを吹っ飛ばす(ウソ)演奏を披露してくれました。

     

    ここでアクシデント。GONNAの後、スマホをいじっていたら「ウィルスに感染し、バッテリーが損傷しました」との表示が出て、急激に本体が熱くなったのです。これは大変と、タクシー飛ばしてドコモショップへ。が、検査してもらったところ、特に問題はないということで、ホッとして、またタクシーで公演会場にもどります。

     

    ちょうど、リハーサルで見た、「コンパス」イスラエルフラメンコ舞踊団。

     

     

    スペイン在住だったメンバーが、イスラエルで結成したフラメンコダンスチーム。やはり衣装を着ると違います。民族的にはスペイン、ラテン系ではなくユダヤ系の人たちのようですが、そのせいかどうか、どことなく柔らかな印象のステージでした。

     

    今日の最後(私の)は、コロンビアのワルカ。

     

     

    フォルクローレを基調にしながらビートの効いた演奏。最前列のスペイン系のカップルもノリノリで踊っていました。チャランゴやケーナの音色と電気楽器の相乗効果で、体にビシビシくるサウンドでした。

     

    で、ドタバタした今日は終わり。さすがに暑さで体力を奪われた一日でした。

     

    | LIVE | 23:11 | comments(0) | - | - | - |